オイルプリングをするならえごま油がいい

そもそもオイルプリングって聞いたことがありますでしょうか。これは、オイルうがいとも言われており、オイルを口に含み、くちゅくちゅうがいをすることになりインドの健康法が起源となります。オイルプリングは非常に効果があるとして評判も高いのですが、えごま油で行うとどういう効果があるのかについて説明します。

 

最初にオイルプリングの方法について説明しますがと、これは単純にオイルを口に含んで約20分間、口全体にオイルが届くようにくちゅくちゅとうがいをします。オイルはもちろん口内の老廃物が混ざってしまいますので必ず吐き出すようにしましょう。吐き出したら水で口をゆすぐというだけのものです。ちなみにタイミングとしては朝起きた時に行うのがいいとされています。では、このオイルプリングには一体どういう効果があるのでしょうか。

 

簡単に効果をお伝えしますが、まずデトックス効果があります。体内に蓄積された老廃物の排出効果によって体内を綺麗にします。そもそも口内というのは非常に多くの細菌が存在しておりますが、それによって虫歯や歯周病、そして口内炎の原因になります。オイルプリングをすることで口内炎も早く治るといわれていますが、これは口腔内の細菌を洗い流すからです。さらに歯のホワイトニング効果もありますので歯を白くしたいのであれば一度試してみてはいかがでしょうか。

 

さらに効果は口腔内だけに留まらず、長めにくちゅくちゅとすることによってほうれい線の改善にも繋がります。さらに肌の弾力やシワの改善にも繋がりますので、是非やってみてはいかがでしょうか。もちろん最初は抵抗があると思いますが、慣れればいいことづくしになります。