えごま油サプリの口コミランキング【最新版】

えごま油について

 

えごま油という名前を聞いたことがありますでしょうか。最近ではメディアなどでも紹介されて注目されていますがアンチエイジングやダイエット、肌の悩みなどにえごま油がいいという話がありますが、どういったものなのかについて説明します。このえごま油に含有されているオメガ3脂肪酸であるαリノレン酸は人間に不足しがちな栄養素であり、それが摂取できるということで話題になっています。

 

えごまという植物について説明しますと、これは一年草であるシソ科植物であり大葉と酷似した葉の植物になります。えごまという名前からごまと勘違いする方もいらっしゃいますが全く別ものであり、韓国ではこのえごまの葉をつかったキムチ漬けなどもあります。えごま種子は食用として飛騨地方でも使われており、伝統食として使用されています。

 

すりつぶして使われるなど食用としては昔からあるものですので、安心できるでしょう。えごま油についてはこの種子から絞った油であり、これも昔から灯明油や傘の防水の塗装用の油として使われてきており、現在では食用としても使われています。歴史も非常に古く、日本最古の油脂植物になっています。

 

原産地はインド高地や中国雲南省の高地であり、ここから韓国を経て日本に入ってきました。1万年前から既に栽培されていたことが見つかっており、油として日本最古であるとされています。さまざまな果があり現代人が不足している栄養素であるオメガ3脂肪酸を手軽に摂取することができますのでオススメします。

 

えごま油は非常にすごいと話題

 

最近、メディアでも話題になっているえごま油は、色々なテレビ番組などで紹介されています。えごま油には非常にいい効果がある取り上げられていました。えごま油というのは何か。これは日本最古の油脂植物であり、古くから日本人に親しまれてきた食品になります。といっても最初は灯明油など生活必需品として利用されていました。現代人はオメガ3脂肪酸という栄養素が不足していますが、このえごま油には60%以上も含有されており積極的に摂りたいところです

 

原材料はごまと思われがちですが、ごまとは全く関係なく「えごま」という一年草のシソ科植物になります。この種子を絞ったものがえごま油であり、韓国ではえごまの葉を食べる習慣もあります。何が含有されているのかというと、一番有名なのはオメガ3脂肪酸であるαリノレン酸になります。現代人には不足している栄養素であり体内で生成することは出来ませんので、注目の成分です。

 

効果は肥満や生活習慣病のリスクを高める中性脂肪やコレステロールを減らす働きがあります。それ以外にも美肌効果やダイエット効果など、美容から健康まで幅広い効果を期待することができますので摂取はオススメです。

 

えごま油で女性ホルモンを調整できるのか

 

女性の方なら美肌に憧れるというのは当然のことだと思います。綺麗な肌、そして綺麗な髪を作るのには女性ホルモンが関わっているということを知っていますでしょうか。この女性ホルモンを整えることが出来るとされているのがえごま油になります。えごま油がどう関わっているのかを知る前に女性ホルモンについて説明します。

 

女性ホルモンというのは卵胞ホルモンと黄体ホルモンから成り立っており、卵胞ホルモンは女性らしい身体を作り自律神経や脳などにも関わっています。一方、黄体ホルモンというのは妊娠を助けて継続させる作用や、体内の水分を保持したり食欲を高める働きがあります。これらの女性ホルモンが乱れてしまうと様々な心身のトラブルを引き起こしてしまいます。

 

もともと女性ホルモンというのは不規則な生活やストレスによって乱れやすく、ベストな状態にするには規則正しい生活をするということが一番重要なことになります。食生活の改善や質の高い睡眠、そして適度な運動が大切です。そして食生活の中で一番注目すべきは油になります。ダイエットをしている方なら油は控えたいと思っている方が多いと思いますが、オススメなのがオメガ3脂肪酸の油であり、その一つがえごま油になります。

 

えごま油というのは美容や健康に非常に効果のある油であり、さらにホルモンバランスを整える働きがあります。ホルモンバランスを整えて正常に働くことによって肌や髪の毛も美しく整います。生で摂取するということで最大の効果を発揮することができますのでドレッシングとして料理にかけたり、そのまま摂取してもかまいません。継続して摂取して効果を得てみてください。

 

えごま油を顔に塗ってもいいのか

 

テレビなどで非常に多くの効果があるとされているえごま油。コレステロール値の減少、さらにうつや認知症予防、癌予防、アレルギー抑制、さらにアンチエイジングなどにも効果があるとされています。これはもちろん食用の油となります。では、そんな食用の油を顔に塗ることが出来るのか、顔に塗れたとしてどのような効果があるのかに関して説明します。

 

えごま油はえごまという植物の種子を絞って出来た油になります。特徴としては必須脂肪酸であるαリノレン酸が含有されており、これによって様々な健康効果や美容効果を期待することができます。含有しているαリノレン酸の働きによって血行促進効果があります。血行が良くなれば栄養が広範囲に運ばれて届きますし、老廃物の排出も促されます。それによって肌トラブルも減少して健康的な状態を保つということが可能になります。

 

では塗ったらどうなるのかというと、ニキビが改善したという例もあります。ですが、食用ですのですし酸化しやすい特徴もありますので顔に塗って100%大丈夫なのかというとはっきりとはいえません。やはりスキンケアに油を使用したいのでしたら、そういう用途で作られたものを使用することをオススメします。

 

朝も血糖値は高くなる

 

血糖値が高くなるタイミングというと、一番はやはり食後になります。食事して摂取した糖分が血液中に放出されるので、当然と言えば当然です。しかし、血糖値が高くなるタイミングで意外と多いのが朝です。糖尿病を抱えている人などは、この朝のタイミングで血糖値が高くなることも多いのですが、これはいったいどうしてでしょうか。

 

寝ている間は当然、糖分の摂取はできないため、どんな人でも血糖値は放っておくと低くなっていきます。しかし、低くなりすぎるとトラブルとなるため、ある程度のところで肝臓が糖を生成するようになります。しかし、糖尿病の人はインスリンの分泌に異常が生じているため、この肝臓が作った糖分がそのまま残ってしまって、寝起きにも血糖値が高くなる場合があり、数値にして10〜20%ほど平常時よりも高い場合もあるのです。

 

朝から血糖値が高いと、その日の血糖値のコントロールは難しくなるので、できるだけこうしたことが無いのが理想です。普段から血糖コントロールを行い、インスリンの働きを正常化しておくことは、睡眠中の血糖値増加から生じるリスクを下げることにつながります。

 

血糖値対策として食事をコントロールすることはできますが、睡眠中の肝臓の働きまでコントロールすることはできません。その他にも、体には血糖値の低下を抑えるために糖を作る機能がいくつかありますので、やはり根本的にはインスリンの働きを補ったり正常化させることが糖尿病対策には必要不可欠なのです。

 

寝ている間の血糖値コントロールに 血糖値下げるサプリ決定版